〈Vision〉

現在、人々の社会、そして地球規模に起こっている気候変動、資源の枯渇、自然環境の破壊、大量絶滅、など様々な問題や課題。

複雑化し、答えや明確な解決が見えない世界。

わたしたちは、フォレストガーデンの手法を通して、それらの現代の人間社会システムが生み出した課題に対して、人を含めた生き物たちを生かしあうエコシステムをつくり、その恩恵を受け、それをケアするためのシステム=カルチャーを育みながら、複雑化に対し多様な解決策で対応していくことを目指します。

〈Action〉

わたしたちは、静岡県浜松市に住まわれている方々の農地・山林を借り受け、その土地に対してフォレストガーデンの実験的なデザインと実践を行ない、わたしたちが個人的・スモールスケールの対応が可能である地域レベルでのアクションを実践しています。

​​

具体的には

  • 気候危機に対して、様々な植物を育てることによる地域・家庭レベルでの炭素固定

  • 窒素・リン汚染など農業起因による土壌・水質汚染に対する代替え案の提供

  • ガーデニングを通しての佐鳴湖の水質汚染源の浄化プロセスの提案

  • 耕作放棄地・放置山林の創造的復元と資源の利用、文化の創造と再生

  • 地域コミュニティの関係性の復元・生産余剰物シェア

  • 浜松を中心として地域規模での気候危機への対応可能な栽培種の研究

  • 在来の生物多様性の復元

  • 現代の生活様式に対応できる里山空間のアップデートとカルチャーづくり

  • フォレストガーデン実践者への技術・種や苗などの支援活動

  • 企業・団体・教育機関へのサスティナブル教育や技術の提供

 

 

また、わたしたちの実験と実践から生まれた様々な技術や知識を全国のフォレストガーデナーたちとつながりあい、そのサポートをしています。

​(※わたしたちの具体的な活動事例は、Note の記事をご覧ください)